ISEYA

新しい時代の働き方をデザインする。
それは、オフィスづくりを通じて
アウトプットを加速させること。

これからのオフィスづくりにおいてアウトプットを気軽に行える環境であることは、
生産性を上げるうえで何より重要なことです。

情報のスピードに負けず、思考を現実化させるベースをつくる。

しかし、環境を一気に変えることは難しいもの。

まずは、think officeを覗いてみてください。

その日から始められる新しいオフィスづくりの小さなヒントがきっとみつかります。

効率よく働く

活動の文脈を共有する

情報過多の現代において効率を求める働き方は何よりも大切です。ワークスペースも適業適所であるように。ワークログを共有するなど、そこにいないスタッフに代わり仕事を語る仕組みもポイントになります。

  • 会議改革・Web会議
  • フリーアドレス
  • ペーパーレス
  • クラウド勤怠管理

健康的に働く

自然を感じて仕事する

環境の美しさは人をポジティブにさせます。スタッフの覇気が下がっていると感じたらオフィスに「自然」を導入してみませんか。見た目に優しいグリーンや、生体リズムに合わせた照明がストレスを大幅に軽減します。

  • サーカディアン照明
  • 立ち仕事
  • バイオフィリックデザイン
  • オフィスアロマ

自分らしく働く

場所と時間を開放する

メールやスマホといった情報技術は世の中の働き方を大きく変えました。場所と時間に縛られない仕事が可能であれば、机を並べるのではなく、スタッフがホッと一息つけるようなオフィスデザインはいかがでしょうか。

  • Office BGM
  • テレワーク・在宅勤務
  • 時間有給
  • カフェ・ライブラリ

見える化する

組織を空間で表現する

働き方に自由が生まれると、組織の活動状況やスタッフの所在、知識やデータの在処を周囲が把握するための仕掛けが重要になります。必要な機密レベルを保ちながら、ストレスを生ませないアクセスチャンネルを。

  • 改善ボード
  • ネットワークカメラ
  • 労働時間改革